創業24年の車載製品・電動アシスト自転車
メーカーの公式通販サイト

創業25年の車載製品・電動アシスト自転車メーカーの公式通販サイト

第1回 商品紹介~電動アシスト自転車BM-APX263PS~

近年、電動アシスト自転車を街中で乗っている姿をよく目にしませんか?

通勤や通学はもちろんのことお子様の学校の送り迎えやお買い物など、電動アシスト自転車は近場の交通手段として年々利用者が増加しています。

しかし、電動アシスト自転車の購入を検討するにあたって懸念されるのは「どのくらいバッテリーが持つのか?」「走行した時のアシスト感がわからない」などが多く上げられるかと思います。

そこで、そんなお悩みを少しでも解消すべく、今回はバッテリーと走行時のアシスト感にスポットを当て検証をしてきました。

検証したのはこちら↓↓

最新モデル26インチ電動アシスト自転車「BM-APX263PS」を使用しました。

一般的にシティサイクルで通勤や通学をする距離は3km~5kmと言われています。

今回はカイホウジャパンの本社がある東京都八王子市からカイホウジャパンの商品を多数お取り扱いいただいている2021年5月にオープンしたばかりのカインズ八王子長房店まで走行し検証しました。

まずは出発前にバッテリー残量と出発時間を確認。

バッテリーは満タン、出発時刻は9時42分出発進行!!

カインズホーム八王子長房店までのルートは事前に調査済みです。

わかりやすいルートを選び大きな甲州街道沿いを高尾方面へまっすぐ進むことにしました。

八王子駅から西八王子駅前付近までは割と平坦な道でしたが、目的地に近づくといくつか坂道や橋を登りました。

ここからは体感になりますが、普段運動や自転車に乗ることも少なく体力には自信のない私ですが、走行中脚への負担は全くなく平坦な道を走行している時と同じ力で走行できました。

また、アシストモードに坂道モードがありますが平坦モードでもしっかりアシストが効くのでそのまま坂道を登りきることができました。

一人での走行だったのでのんびり向かいましたが片道約20分ほどで到着しました。

雨が降りそうだったので、少し店内を見て本社へ戻ることにしました。

帰り道は、行きとは違うルートを走行しました。

西八王子から八王子までは緩やかな下り坂が多かったのですが、今回はバッテリーの検証走行なのでアシストモードはエコモードには切り替えず平坦モードで走行しました。

本社に戻ってきました。

バッテリー残量は走行開始時と変わらず満表示、到着時刻は11時1分。

今回走行距離を計測してくれるBrytonを使用していました。

こちらが今回の走行ルートと走行距離です。

走行距離8.6km、獲得標高50mというのは50mの高さを上ったわけではなく坂道を50m進んだという意味です。タイムは44分、停止していた時間は計測されておりません。

検証の結果、8.6㎞の距離を走行してもバッテリー表示は変わらず、街中の坂道はアシストモードを坂道に切り替えなくてもしっかりアシストしました。

また、アシスト機能がない自転車で8.6kmを走行すると脚が痛くなったり疲れがたまったりしますが、翌日そのようなこともありませんでした。

坂道も長距離もSUISUI進むことができるカイホウジャパンの電動アシスト自転車「BM-APX263PS」こちらは現在絶賛予約受付中です。8月上旬以降の発送を予定しております。(入荷の状況によって発送日が前後する場合がございますのでご了承ください。

当サイトでご購入いただきますと完全組み立て配送なので届いてすぐご乗車いただけます。

ぜひこの機会に電動アシスト自転車デビューをして快適な自転車lifeを送ってみませんか?

予約ページ

BM-APX263PS

【新商品予約受付】26インチ電動アシスト自転車

¥69,800(税込)

  • 8月上旬以降のお届けになります。
    ※入荷状況によりお届け日が前後する場合もございますのでご了承ください。
  • こちらの商品は配送日の指定ができない商品となっております。
  • 完全組立商品の場合お届けまでに5~15営業日お時間をいただく場合がございますのでご了承ください。

自転車サイズ

購入はこちら

商品ラインナップ